スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KenEX的PM立ち回り【守り】


今回は守りの立ち回りについて
正直守りでPMとかいらんのじゃね?と言う方もいます。

まぁそれも正解でしょう。
teamのスタイルもありますし。守り方にもそれぞれあります。

ただ、考えてみてください。
攻め側に1人PMがいたとしましょう。

攻めのPMが走ったところは大概先に占拠されてしまいますよね?

守りで重要なのはどんどん相手のいる可能性があるところを絞って
mapを占拠していくことだと考えています。
そして音などを聞いて相手の位置を把握していき、さらに狭めていく。
そういう考えを元に考えると、

攻めPMが走ってきたところには詰めれない(逆にRushする場合を除く)

攻めの方がmap占拠率が高くなる
わけですね。
しかし、守りにもPMがいるとしましょう。
交戦ポイントにいち早く着くことができ、いいポジションで交戦に臨むことが出来ます。
裏取りをするのも早く相手の位置をさらに狭めることができます。

守りPMが走ってきたところにはそうそう顔を出せない(Rush時を除く)

守りの方がmap占拠率が高くなる

となるわけですね。

ここで注意点が一つあります。
無闇に突っ込むだけではただ単に1人失ってしまうことになりteamに迷惑がかかります。
なので基本編でも述べたとおり、無理をして戦わないこと。
守りではこれが最重要点になってきます。
死ぬとそこに穴が空いちゃうわけですからね。

そして、守りでPMを使う他の利点がこちら
ポイント内での打ち合いに強い。
まぁこれは立ち回り次第で変わりますが、
相手がポイントに入ってくるような時に相手ARの間合いではなく
守りPMの間合いで戦えることが出来た場合。
完全に打ち勝つことが出来ます。まぁaim次第なところもありますけどね!

最後に一つ、
基本編でも述べたようにPMは足が速い。
なので、シフトも迅速に行うことができます。
それを活かして、例えば1に人数が多いことを装い攻め側を2に誘導する。
といったことができるかもしれません。

まぁこれくらいでしょうか。
注意すべきことをしっかりと守れば、PMでも全然ありなんですよね。
中距離~長距離っていうのはやっぱりARの方が強いですけど、
その間合いで戦わないことを肝に銘じてやれば打ち勝つことは安易ですし、
裏取りなどもできるようであればteamに貢献できます。

また思ったことがあれば書き足していきましょう。
ではではノシ

テーマ : Alliance of Valiant Arms
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

Secret

プロフィール

KenEX

Author:KenEX
AVA player
Name:KenEX
Clan:SunSister
戦績
IDiot時代
AVACT:準優勝(非公式)
AVATL:3位(非公式)
AVApeercast杯:優勝(非公式)
AVASS爆破:3-4位(公式)
AVASS護衛:準優勝(公式)
AVAET爆破:準優勝(公式)
AVA第2回ネカフェ全国大会:優勝(公式)
AVA第3回ネカフェ全国大会:優勝(公式)
IeSF2010国際大会日本予選:5-8位(公式)
AVACTLseason1:準優勝(非公式)
AVACTLseason2:優勝(非公式)
AVACTLseason3:4位(非公式)
AVACST:準優勝(公式)
大阪AVAれ祭り日本選抜選出
Razer TGS Tournament:優勝(公式Razer主催)
AVACLseason1:6位(非公式)
AVARST:Best19(公式)

IeSF2011国際大会:世界第二位(準優勝)SunSisterに助っ人として参加(公式)

SunSister時代
AVAODLseason1:2位タイ(公式)
AVAネットカフェ甲子園2012:Best8(公式)
AVAODLseason2:2位タイ(公式)
AVAMSTseason1:優勝(公式)
第2回AVAネットカフェ甲子園大会:優勝(公式)
AVAODL2013 Season1:2位タイ(公式)
第3回AVAネットカフェ甲子園大会:準優勝(公式)
AVARST2013 Season1:3位(公式)
AVAODL2013 Season2:マスターリーグGブロック優勝(公式)
AVARST2013 Season2:4位(公式)
AVARST2013 Season3:2位(公式)
AVARST2014 Season1:3位(公式)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Ranking

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
お勧めデバイス
リンク
検索フォーム
Counter